20120423 VISVIM
こんばんは。
モノが増えすぎたこともあり、最近溜まりに溜まった本やCD等を整理し始めました。
そんな中で、記憶の限りではVISVIMが最初に出したカタログが見つかったのでUPします。
確かVISVIMがスポット以外で洋服を出した最初の季ですね。2003年くらいかな。
f0157613_21495458.jpg


最近まで出ていたものに比べると大分チープですよね。
ショップのレジに置いてある簡易的なシーズンカタログみたいな感じです。
何だかんだで、この前後2-3年のVISVIMが一番見てて楽しかった気がします。

f0157613_21514785.jpg

この中ではこれが一番好きでした。
Kooningは元々好きでしたが、この直前のX'masで関係者のみに配られた非売品の商品化ってことで飛びついた記憶がありますw
確か当時のVISVIMのシューズで一番高かったはず・・・。とは言っても¥25,000なので現行VISVIMの1/2くらいですねw

f0157613_2156232.jpg

人間が出てるw 後にも先にも着用モデルが出たのってこのカタログだけのような気が・・・。
この時期のフォークロア調とストリートのMIXは好きでしたね。

今のVISVIMを否定するわけではありませんが、大分前から価格が限界ですね。
ゴム付き下駄に5万以上も払えませんw
安価モデルが無く、小物も含めて全体的に価格が高いので、売れなくなると、途端に資金繰りが悪化するでしょうね。価格が高いとそのシーズン中に資金が回収できないリスクも高まります。
小売である地方ディーラーも同様。VISVIMは在庫買取みたいだし、現に2シーズン前の在庫置いてある店もありますし。
「良い製品を作る」と「価格を抑える」は必ずしも相反しないと思います。
良い物が高いのは当たり前。僕は、一定の利益を確保しながらも、目を引く価格で良い物を提供するのが、日本の強みであると思っています。
服にせよ家電や日用品にせよ、海外から安い製品がこれからもバンバン入ってくる中で、やはり日本には「合理的な価格で良い製品」が求められていると思います。海外発のものは、見た目は良くても「安かろう悪かろう」が多いのですから。
まあ、中流層以下を相手にしないという方針であれば、上記は全面的に成り立たないですけどねw

ではでは。
[PR]
by e20072007 | 2012-04-23 22:11 | fashion
<< 20120430 3連休-1 20120415 >>