カテゴリ:fashion( 42 )
Stanley&Sons
NYに来た時からずっと悩んでいたStanley&Sonsのトートバッグを遂に手に入れました。
f0157613_4371789.jpg

Stanley&Sonsは、Brooklynベースでエプロンやバッグをハンドメイドしているブランドで、日本ではBshop等のセレクトショップで取り扱われています。
デニム地と最後まで迷いましたがシンプルな定番タイプにしました。
オーダー後、約10日程で到着。Stanley&Sonsは余剰在庫をほぼ持たないので、基本的にはオーダーが入ってからリベットを打ったり、ハンドルを取り付けたりするようです。
f0157613_4382863.jpg

バッグと一緒にデザイナーのChrisの直筆メッセージが入っていました。下の部分はメモ帳として使えます。
f0157613_439476.jpg

10年くらいは使えればイイですね。まずはハンドルの革を馴染ませるところから始めたいと思っています。

Stanley&Sons
http://apronandbag.com/
[PR]
by e20072007 | 2013-12-18 04:49 | fashion
neck tie
お偉いさん方と高級なレストランに行ったため、久しぶりにネクタイ着用。苦しい。
このネクタイ、ナロー気味なんですがそれほど細くなく快適。
f0157613_12473278.jpg


Wool Trench、やはり良いです。
日本帰ったら身幅を少し詰めないと。
[PR]
by e20072007 | 2013-12-11 12:52 | fashion
Wool Trench
f0157613_1671581.png

コレ良いです。久しぶりにsupremeのアウターで惹かれました。
何やらロロピアーナの生地だそうです。
そんな薀蓄みたいのはどうでも良くて、ギンガムでシングルトレンチっていうsupremeらしくない感じが好き。

supremeついでに久しぶりに2chを見てみたのですが、何やらBOXパーカーが出たようで。
並んだ人もいて、まだまだ人気あるんですね。
僕がまだローティーンの時に、田舎のセレクトでSTUSSYと並べられてBOX Tee1枚¥2,900とかで細々と売っていたのを知っているだけに、今の人気には正直驚きます。
Teeは知りませんが、スウェットはwings+hornsがOEMをやりだしてからグッと定価が上がりましたね。
もう15年近く、いつの時代も若い人に受けているという意味ではブランドとしては大成功でしょう。
僕が昔好きだったGOODENOUGHを始めとしたアノ辺のブランドは、固定ファンが高齢化するばかりで若い人を取り込めてませんから。

10年後はどうなってるでしょうね~。
[PR]
by e20072007 | 2013-12-02 16:34 | fashion
Jacket/Sports coat
NYに来て自分の中で変わった事と言えば、世界観や言語面、人との接し方等が挙げられます。
ことファッション面で言えば、やはりジャケットに興味が出てきたことですね。
はじめは、「欧米ではレストランに行く時はジャケット必須!」とガイドブックで聞きかじった情報を鵜呑みにしてイヤイヤ買ったのですが、着てみると意外と楽で何にでも合うこと、手っ取り早く「ちゃんとしてる感」を出すのに便利なことに気が付き、それ以降何着か手を出しています。
ちなみに、日本で流行っているお尻が半分以上出るような短い着丈のジャケットは、こちらでは完全にゲイ扱いなのでそれだけは注意しています。

f0157613_1136925.jpg

写真はどちらもJ.CrewのLudlowシリーズ。
紺はツイード、グレーはウールのハウンドトゥ-スです。
ここのジャケットは決して高級ではないのですが、素材ととサイズ展開が多くて色んなスタイルに対応できるのが好きです。
http://www.jcrew.com/mens-clothing.jsp
[PR]
by e20072007 | 2013-11-29 11:24 | fashion
Hats
f0157613_13492890.jpg

内外気温差が激しくなってきたので、そろそろ出番でございます。
visvimは2008FWあたりのもので、ミックス編みが冬っぽくて気に入っています。
supremeは今季物です。
やはりニットキャップは折り返しに限ります。
[PR]
by e20072007 | 2013-11-28 13:51 | fashion
Canada Goose
うー、急に寒くなった。
朝/夜は既に気温1桁台です。
そろそろコイツの出番かも。
f0157613_8574237.jpg

[PR]
by e20072007 | 2013-11-05 08:56 | fashion
APC×Carhartt 2013FW
f0157613_1144734.jpg

アメリカでは10/18より販売開始のAPC×Carhartt。早速SoHoの店舗へ見に行ってきました。
全体として、APCの上品さと、Carharttの無骨さが互いに中和し合っているような印象ですね。

僕はプレスリリース時より狙っていたこちらを購入。
f0157613_11533590.jpg

Gジャンより気持ち長い着丈、ややスリムなシルエット、シルバーのボタン・リベット、センターベント、が購入の決め手。
APCは実に15年ぶりくらいの購入です。確か高校生の時に、藤原ヒロシさんが当時紹介していたフランス軍モチーフのウールJKTを持っていた覚えがあります。

f0157613_1155256.jpg

SoHo店内の様子。Quiltsとデニムのコーナーのこの感じが好きです。
Quiltsは大判になると価格的に手が出ませんが、安価なクッション系が何か欲しいです。価格も日本で買うより安いですし。
f0157613_1231485.jpg

周辺はこんな感じ。レトロな石畳です。SoHoのメイン通りの一つであるPrince Streetから少し脇に入った場所にあります。
f0157613_13292877.jpg

APCは他にもウェストヴィレッジに2店舗(上写真)ありますが、SoHo店が雰囲気があって一番好き。

この日の装い。陸サーファーみたい。衝動買いしたこのパーカー、めっちゃ着心地が良いです。
Reigning champはACE HOTELとのコラボ等でちらほら名前が出てきていますね。
f0157613_1263324.jpg

Tops s/double×Reigning champ(Web version) , visvim V+V OX shirts
Bottoms visvim social sculpture03
Shoes vans×wtaps Slipon
Other supreme, MAKR, suunto, OAKLEY
[PR]
by e20072007 | 2013-10-25 12:13 | fashion
Black Fleece BD Shirts
慶事、弔事と家族の用事が重なったため、一時的に日本に帰国していました。やはり日本は食事が美味しい。

f0157613_0342542.jpg

前回の記事でBlack FleeceのBDシャツのサイズが合わず見送ってしまったのですが、結局WEB通販でSale価格で購入してしまいました。サイズはBB1。NY本店でBB0とBB1を試着した時は、無理やりな言い方をすればBB0.75笑 という感じだったので、BB1でも着れないことはありませんw
着用感は、腕や胴回りのフィット感がかなり好きです。タックインならば問題無く着れそうです。但し、やはりこのサイズではタックアウトは難しいですね。アメリカの強力なタンブラーをかけて、帰国後に着丈をお直しする予定です。
今回のSaleは、新作、Sale品の区別無く25%オフでした。日本には無い種類のセールです。
シャツと一緒にタイも購入。ややナロー気味ですが、ギリギリビジネスでもいけそうです。自身初のチェック柄タイです。黄色のギンガムが若々しいw
こちらは約$38と破格の値段。(国内定価¥18,900-)

f0157613_035111.jpg

安く買っても送料と消費税で結構持って行かれるので、結局$200overとなってしまいました。それでもシャツ一枚分でネクタイ付いたのでかなりお得。
NYの消費税は現在8.875%なので、日本も増税後はこれくら持って行かれますね。むむむ。
[PR]
by e20072007 | 2013-10-10 00:46 | fashion
Brooks Brothers Dress Shoes
今回はブルックスブラザーズのドレスシューズのご紹介。
30歳を超えたあたりから少しづつ買うようになってきた同ブランドですが、ドレスシューズに手を出してみました。
ブルックスブラザーズのドレスシューズは、コードバンをAlden(オールデン)、カーフレザーをAllen Edmonds(アレン・エドモンズ)が製作しているようです。(NY本店の店員談)
最近はU.Kやイタリアのブランドが作ることもあるようですが、基本は上記であるとのこと。
NYのMadison Avenueにある本店にて色々と試してみたのですが、最終的にはカーフレザーのキャップトゥを購入。
f0157613_12263981.jpg

Allen Edmondsの特徴を受け継いで、ややノーズが短いですが、作りは非常に堅牢。
ずっと自分の足はD Widthだと思っていたのですが、これはE Widthでジャスト。
履き心地はというと、かなり好きです。コルクがふっかふか!
これまでの社会人生活で色々と試しましたが、これが今のところNO.1です。履き心地が良いというよりは、足に合っているのかもしれません。
f0157613_12291577.jpg

アウトソールにはラバー貼り。これがプロパーのAllen Edmondsではなく、わざわざブルックスブラザーズを選んだ最大の理由 笑
日本の駅はレザーソールだとリスキーなので。
ちなみに、Allen Edmondsでもラバー貼りのオーダーは可能ですが、プラス$50かかる上、時間もかかるため、ブルックスブラザーズで$40上乗せして買った方が安くなります。(Allen Edmondsの定番は$328、ブルックスブラザーズは$368)
f0157613_12353245.jpg

インソールにはブルックスブラザーズのネーム入り。ちなみに、どこにもAllen Edmondsのネームは有りません 笑
こういう裏コラボ的なの好きです。

ついでに本店の中をウロウロとしてみました。ここの接客は非常に丁寧で親切です。
お高いブランドだと、露骨にアジア人に接客をしない店も多いですけどね。

f0157613_1239129.jpg

エレベーターの中にでっかいゴールデンフリース!

f0157613_12405223.jpg

5FにあるBlack Fleeceとスーツのパーソナルオーダースペース。
本店だけあって、Black Fleeceはフルラインありますね。
BDシャツを試着するもサイズが合わず・・・。BB0とBB1の中間を作ってください!
店員には、ほとんどの人はタックインで着るから仕方ないと言われました。ブルックスブラザーズをタックアウトで着たがるのは日本人くらいなのかもなぁ。前合わせのクラシックなディテールが好きなので、ぜひタックアウトしたい。
[PR]
by e20072007 | 2013-09-23 12:47 | fashion
NY Fashion Week 2013
f0157613_22113818.jpg

9/5から開催されているNew York Fashion Week「New York Collection 2014S/S」の会場に行ってみました。
場所はセントラルパークに程近いLincoln Center(リンカーン・センター)。終日開催されているので、昼と夜に分けて見物。
コネが無いので中には入れませんが、世界4大コレクションの一つとあって、会場に行くだけでもセレブな方々がウヨウヨ。雰囲気は楽しめました。
VISVIMは、メインショーには参加していませんが、9/4のプレイベントでレディースのPreviewをやったみたいですね。奥さんがメインでデザインしてるとは知りませんでした。インタビューを読むと、かなり中村氏が手伝っている印象ですが・・・。
Hiroki Nakamura Interview

以下、9/6夜と9/7朝の様子。
f0157613_21563919.jpg

f0157613_21565294.jpg

f0157613_2157117.jpg

メインシアターの前では、地元ケーブルTVのような一団が実況をしていたり、オシャレな人を雑誌カメラマンが撮影していたり、と賑やかでした。
ホール前のメインモニターは臨場感たっぷり。
f0157613_2219161.jpg

会場で配られていたWWDの号外。
f0157613_22215780.jpg

セントラルパークの西南端にあるコロンバス・サークルの辺り。

f0157613_22135833.jpg

この日はこんな感じ。
Tops visvim v+v OX shirts
Bottoms visvim Fluxus NW03(超穿きこんでる)
Inner visvim Sublig Henley s/s
Shoes Adidas Campus80s(MITA)
Other Suunto、999.9、MIANSAI

明日からアメリカ東海岸出張です。
[PR]
by e20072007 | 2013-09-08 22:14 | fashion