<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Brooks Brothers Dress Shoes
今回はブルックスブラザーズのドレスシューズのご紹介。
30歳を超えたあたりから少しづつ買うようになってきた同ブランドですが、ドレスシューズに手を出してみました。
ブルックスブラザーズのドレスシューズは、コードバンをAlden(オールデン)、カーフレザーをAllen Edmonds(アレン・エドモンズ)が製作しているようです。(NY本店の店員談)
最近はU.Kやイタリアのブランドが作ることもあるようですが、基本は上記であるとのこと。
NYのMadison Avenueにある本店にて色々と試してみたのですが、最終的にはカーフレザーのキャップトゥを購入。
f0157613_12263981.jpg

Allen Edmondsの特徴を受け継いで、ややノーズが短いですが、作りは非常に堅牢。
ずっと自分の足はD Widthだと思っていたのですが、これはE Widthでジャスト。
履き心地はというと、かなり好きです。コルクがふっかふか!
これまでの社会人生活で色々と試しましたが、これが今のところNO.1です。履き心地が良いというよりは、足に合っているのかもしれません。
f0157613_12291577.jpg

アウトソールにはラバー貼り。これがプロパーのAllen Edmondsではなく、わざわざブルックスブラザーズを選んだ最大の理由 笑
日本の駅はレザーソールだとリスキーなので。
ちなみに、Allen Edmondsでもラバー貼りのオーダーは可能ですが、プラス$50かかる上、時間もかかるため、ブルックスブラザーズで$40上乗せして買った方が安くなります。(Allen Edmondsの定番は$328、ブルックスブラザーズは$368)
f0157613_12353245.jpg

インソールにはブルックスブラザーズのネーム入り。ちなみに、どこにもAllen Edmondsのネームは有りません 笑
こういう裏コラボ的なの好きです。

ついでに本店の中をウロウロとしてみました。ここの接客は非常に丁寧で親切です。
お高いブランドだと、露骨にアジア人に接客をしない店も多いですけどね。

f0157613_1239129.jpg

エレベーターの中にでっかいゴールデンフリース!

f0157613_12405223.jpg

5FにあるBlack Fleeceとスーツのパーソナルオーダースペース。
本店だけあって、Black Fleeceはフルラインありますね。
BDシャツを試着するもサイズが合わず・・・。BB0とBB1の中間を作ってください!
店員には、ほとんどの人はタックインで着るから仕方ないと言われました。ブルックスブラザーズをタックアウトで着たがるのは日本人くらいなのかもなぁ。前合わせのクラシックなディテールが好きなので、ぜひタックアウトしたい。
[PR]
by e20072007 | 2013-09-23 12:47 | fashion
201309014 Business trip to Pittsburgh & Charlotte
Cleveland(クリーブランド)をあとにして、次なる出張地Pittsburgh(ピッツバーグ)とCharlotte(シャーロット)へ。
ピッツバーグはペンシルバニア州、シャーロットはノースカロライナ州です。
両者ともに、NYと違って非常に清潔な街なのですが、いかんせん娯楽が少ない印象です。娯楽慣れしている日本人が長期間住むには結構キツいかも。
f0157613_1442869.jpg

f0157613_146468.jpg

ピッツバーグの昼と夜の遠景。凝ったデザインのビルが多かったです。アメリカ株のニュースを見ていると名前が出てくるような企業の本社ビルが沢山あります。
f0157613_1475151.jpg

某大手企業の最上階より。建物が少ない分かなり遠くまで見えますね。
f0157613_1484342.jpg

シャーロットの遠景。シャーロットは過密スケジュールで、ホテルも郊外だったので写真をあまり撮れませんでした。
ここも範囲は狭いですが、綺麗な街です。
[PR]
by e20072007 | 2013-09-15 14:13 | travel
20130908 Business Trip to Cleveland,OH
f0157613_105453.jpg

出張でオハイオ州クリーブランドに来ています。
クリーブランドと言えば、MLBインディアンズとスーパーマン、ロックンロールですね。
ロックンロールという言葉を世間に周知させた土地らしいです。
f0157613_10545619.jpg

真ん中の大きい塔が初代スーパーマンが最初に飛び立ったと言われているTower City Center。中身はただの駅ビル。
ちなみに、スーパーマンの原案者はこの街生まれの高校生だったらしいです。

この街は鉄鋼/金融/医療の街で、まったく観光向きではないので、ほとんど部屋でノンビリしていました。
f0157613_111977.jpg

[PR]
by e20072007 | 2013-09-09 11:03 | travel
NY Fashion Week 2013
f0157613_22113818.jpg

9/5から開催されているNew York Fashion Week「New York Collection 2014S/S」の会場に行ってみました。
場所はセントラルパークに程近いLincoln Center(リンカーン・センター)。終日開催されているので、昼と夜に分けて見物。
コネが無いので中には入れませんが、世界4大コレクションの一つとあって、会場に行くだけでもセレブな方々がウヨウヨ。雰囲気は楽しめました。
VISVIMは、メインショーには参加していませんが、9/4のプレイベントでレディースのPreviewをやったみたいですね。奥さんがメインでデザインしてるとは知りませんでした。インタビューを読むと、かなり中村氏が手伝っている印象ですが・・・。
Hiroki Nakamura Interview

以下、9/6夜と9/7朝の様子。
f0157613_21563919.jpg

f0157613_21565294.jpg

f0157613_2157117.jpg

メインシアターの前では、地元ケーブルTVのような一団が実況をしていたり、オシャレな人を雑誌カメラマンが撮影していたり、と賑やかでした。
ホール前のメインモニターは臨場感たっぷり。
f0157613_2219161.jpg

会場で配られていたWWDの号外。
f0157613_22215780.jpg

セントラルパークの西南端にあるコロンバス・サークルの辺り。

f0157613_22135833.jpg

この日はこんな感じ。
Tops visvim v+v OX shirts
Bottoms visvim Fluxus NW03(超穿きこんでる)
Inner visvim Sublig Henley s/s
Shoes Adidas Campus80s(MITA)
Other Suunto、999.9、MIANSAI

明日からアメリカ東海岸出張です。
[PR]
by e20072007 | 2013-09-08 22:14 | fashion
Samsonite INOVA 20
来週に控えたアメリカ国内出張用にCarry-Onサイズのキャリーケースをを購入。
f0157613_20511387.jpg

アメリカの航空会社はカウンターで荷物を預けると、1個につき各社平均$25程度かかる上、紛失や取り違えも本当に多いため、出張等では最大限機内に持ち込むのが賢いやり方です。
初めはRIMOWAのSalsaあたりを考えていたのですが、Carry-Onサイズでも$500以上するものばかりだったので断念。アメリカのブランドじゃないから仕方ないですね。
モビルスーツっぽさに惹かれたTumiのInternational Carry-Onと最後まで迷っていたのですが、最終的にSamsoniteのINOVAを購入。アメリカサイトでの50%引きが大きかった。ステッカー貼りたかったので、表面がフラットだったのも◎。
f0157613_20502688.jpg

早速SUPREMEのBOXステッカーを貼ってみる。ローラーがスムーズで快適。
f0157613_20503611.jpg

内装は至ってシンプル。ビジネスシャツを数枚入れる必要があったので、ZIPの仕切りがポイント高いです。

50%引きの上、Additional Saleで更に幾らか引かれて、結局$200以下で購入できました。
日本国内定価からするとかなりお得。やはりアメリカではアメリカブランドを買うに限ります。
[PR]
by e20072007 | 2013-09-05 20:54 | travel
RW POSTMAN(Business Casual)
アメリカに来て以来、日本に比べてスーツを着用する機会が極端に少なくなりました。
僕の勤務しているWall Street(ウォール街)においては、社長クラス、金融のホール・リテール従事者を除いては、ほぼ私服のようなスタイルで働いています。その中で日本人は気質なのか、やや堅めの服装(日本のクールビズに近い服装)で仕事をしています。
僕はというと、顧客に会うことはほぼ皆無で、VISAの関係上立場的にも軽いため、日本にいる時に比べてかなり緩い服装です。

f0157613_9401773.jpg

最近はRED WINGのポストマンをビジネスカジュアルとして、仕事用に履いています。
コールハーンのオックスフォード靴等、色々と試したのですが、RWが一番ラクという結論に達しました。
VISVIMのNEWELL FOLKでこの形が気に入ったというのもあります。
画像は、着用2-3日後のもの。シワ入れを完全にミスってしまいました・・・。
NYだとなかなか売っている場所が無く、やむを得ずAmazon.comにて$200くらいで購入。日本定価の1万円引きくらいでしょうか。

f0157613_946919.jpg

夏のある日の服装。完全に快適さ重視です。日本だと怒られるレベルw
Shirt:Brooks Brothers OX
Pants:Levis 505 japan made
Shoe:RW Postman
Other:United Arrows Cordvan、G-shock、Jack Spade Bag
[PR]
by e20072007 | 2013-09-02 09:52 | fashion